私がもっと「直感を信じる」と心に決めた出来事☆

子どもの頃から

勘がよかった私は

何でも直感で決めていました。

 

「もっとよく考えなさい」

と言われることもあって

無理に考えてみても

結局は直感の答えが正解だった…

なんてことばかり。

 

だからやっぱり私は

「直感を信じて生きよう」

と思っていました。

 

ですが、あの日までは

自分の直感を完全に

信じきれていなかったのです。

 

「もっと直感を信じる」と

心に決めた出来事について

ここに綴りたいと思います。

 

長文になりますが

読んでくださるあなたにとって

何か気づきになればうれしいです。

 

* * *

 

大学生のときのお話です。

 

自宅から遠い大学で

通学に片道2時間かかりました。

(電車で1時間+混雑したバスで1時間)

 

乗り物と人混みが

かなり苦手な私には

とてもキツかったです。

(それでも行きたい大学でした)

 

バスの代わりにバイクを使うと

混雑を回避できるうえに

40分も時間短縮になることがわかり

「危ないからダメ!」と

反対する父をなんとか説得して

イタリアの可愛いバイクを

買ってもらいました。

(見た目は自転車のようなバイクです)

 

お天気のいい日限定だけど

からだとこころの負担が減って

とても喜んでいました。

 

とある日の朝。

 

目覚めると晴れていたのに

何となくバイクには

乗りたくない気分でした。

 

家を出て電車の中でも

同じような感覚になりました。

 

ですが、その日は

1限目にテストがあったんです。

 

バスでも間に合うけれど

混雑しているので疲れるし

時間が多くかかります。

 

私は2度も感じた

「乗りたくない気分」を

無視してしまいました。

 

バスは苦手なので

「気のせい」だと思ったんです。

 

そしてバイクで

大学へ向かいました。

 

あともう少しで到着するころ、

私の少し前にバイクの女性が

走行していたのですが

突然、急ブレーキで停車したのです。

 

赤信号でもなく

横道のない道路で

何が起きたわけでもありません。

 

私はびっくりして

急ブレーキを踏みました。

 

車間距離は十分でしたが

停車したまま動いてくれないので

ぶつからないように

ハンドルを切りました。

 

すると車輪がすべって

一瞬で横転してしまい…

 

スリップして車道の真ん中で

自分のバイクの下敷きになって

動けなくなってしまいました。

 

「車にひかれる!」と

振り返って信号を見ると

幸運にも「赤」でした。

 

交通量が多い道路なので

もし「青」だったら…

命はなかったかもしれません。

 

そのバイクの女性は振り返って

倒れている私を見て

何が起きたか理解したようでしたが

そのまま逃げるように

スピードを上げて走り去りました。

 

車道の真ん中で

動けない私を避けて

車がどんどん通過していきます。

 

どうしよう…と困っていたら

親切なふたりの女性が停まってくださって

私とバイクを起こして

道路の脇に運んでくれました。

 

そのとき

左足に力が入らないことに

驚きました…

 

バイクの重みで

立ち上がれないだけだと

思っていたからです。

 

そこに車で通りがかった

スペイン人の先生が

私を大学まで乗せてくださいました。

 

日本語がわからない先生でしたが

英語と専攻のポルトガル語で

なんとか状態が伝わったようで

保健室がある棟で私を降ろして

先生を呼んできてくださいました。

 

親切なふたりの女性と

スペイン人の先生には

とてもとても感謝しています。

 

保健室の先生に状況を話すと

すぐにタクシーを呼んでくださって

大学の近くの病院へ向かいました。

(怖がりな私は救急車がイヤだったので)

 

悪い予感を振り払えないほどに

足はどんどん腫れていきます。

 

診察していただいた

病院の先生の様子がおかしい…

 

カーテンで見えなかったけれど

数人の先生があわてていて

小さな声で相談されているようでした。

 

悪い予感は的中しました…

 

病院に到着してすぐ

母に電話をかけた私は

心配しないように「たぶん捻挫!」と

できるだけ明るく説明しましたが

捻挫でないことはわかっていました。

 

察しのいい母は

仕事中の父へ連絡して

急いで駆けつけてくれました。

 

からだが弱い私が

捻挫で済むはずがないと思ったそうです。

 

両親の到着を待って

先生はこう言いました。

 

「腫れが少しひいたらすぐに手術が必要です。

手術には結構な時間がかかると思われます。

入院は少なくとも1ヶ月以上になります。」

 

病院が大嫌いなのに

入院して手術まで…

いっきに血の気が引いて

気を失いそうでした。

 

「顔が無事なのが奇跡ですね。」

と先生に言われたのですが

足にも外傷はほぼないのが不思議なほど

ひどい複雑骨折をしていたようです。

 

こんなことになってやっと

「バイクに乗りたくない気分」の

理由がわかったのです。

 

「バイクに乗ってはいけない」

直感はそう教えてくれていたのに

私はそのサインを2度も無視しました…

 

手術は全身麻酔で

有名大学病院の5名の先生によって

10時間以上かけて行われ

その病院の手術時間の

最長記録を更新しました。

(保健室の先生が伝えてくれた病院は

大学病院連携の優しい理念の綺麗な病院でした)

 

麻酔の時間が長かったので

手術後なかなか意識を取り戻さず

数名の看護師さんの必死の叫び声で

ようやく目を開けることができました。

 

後から聞かされましたが

かなり危ない状態だったようです。

 

何度も何度も名前を叫んで

こちらに呼び戻してくださいました。

 

朝からずっと待っててくれた両親と

少しだけ面会できたときは

手術後の低体温でガタガタ震えていて

母は心配して泣いていました。

 

手術後の24時間、その後の1週間は

今でも思い出すのも嫌なほど

本当に地獄のようでした。

 

麻酔の後遺症がつらすぎて

生きているのが不思議なほど…

 

母は毎日、朝から病院へ来て

夜に父が迎えに来てくれるまで

付き添ってくれていました。

 

両親には小さい頃から

心配ばかりかけています。

 

手術後1週間を過ぎると

少しずつ起きれる時間が増えて

車椅子にも乗れるようになりました。

 

入院生活は3ヶ月も続きました。

 

病院が大嫌いな私には

夜の病棟は毎日こわかったし

痛いリハビリや検査など

辛いことがたくさんありました。

 

ですが同じ病棟の患者さんたちと

助け合って生活する中で仲良くなったり

家族や友人が毎日来てくれたので

さみしい日はありませんでした。

 

やっと迎えた退院の日。

 

まだ入院生活が続くみなさんが

涙を流してお別れを惜しんでくれました。

 

待ちに待った退院なのに

私も泣いてばかりで

お別れがとても寂しかったです。

 

主治医の先生が

「今だから言うけれど…」

と話し始めました。

 

最初に私を診察したとき

「この子はもう自分の足で

歩けないかもしれない」と

悲観するほど状態が悪かったこと。

 

でも「何とか歩けるように、

傷跡があまり残らないように

綺麗に治してあげたい」と強く思ったこと。

 

「みんなで必死に治した足を

絶対に大切にしてほしい。

今、自分の足で立って

歩いているのは奇跡なんだから」と。

 

有名大学病院の敏腕な先生が

手術に5名も入られるのはまれで

傷口を目立たなくするために

ほとんどを内視鏡でしてくださったので

ただでさえ大変な手術が

さらに大変になったんです。

 

看護師さんにも

とてもお世話になりました。

 

本当に感謝でしかありません。

 

たくさんの方々のおかげで

私は自分の足で歩いて

退院することができました。

 

入院生活は私にとって

とても大きな人生の学びがありました。

 

「あの朝バイクに乗らなければ…」

と悔やんだことは何度もあります。

 

そのときの感覚が

何度もよみがえってきました。

 

なぜ私はあの感覚を

信じることができなかったのか。

 

どれだけ悔やんでも

もうあの朝には戻れません。

 

私は決めました。

 

「これからは直感をまるごと信じる!」と。

 

退院後、しばらくして父は

私の無傷のバイクは

知人に譲ると言いだしました。

 

お気に入りだったし

通学時間が増えるのが嫌で

私は断りました。

 

「もう絶対に危ない日は

乗らないから大丈夫!」

と父に約束したんです。

 

そんな話をした翌日のこと。

 

通学途中の駅で同年代の女性が

車椅子に乗っておられるのを見かけました。

 

同じ日に3人も。

 

私が本当は

そうなっていたかもしれない姿を

見せられたようでした。

 

「もうバイクに乗ってはいけない」

とはっきりわかりました。

 

バイクは父の知人に

もらっていただきました。

 

私が生きていること、

自分の足で歩いていることは

奇跡かもしれません。

 

たくさんの方に助けていただき

本当に大切なことを

学ばせていただきました。

 

そして

「直感をもっと信じる」

と私は心に決めました。

 

「直感に背いてはいけない」

とさえ思っています。

 

長くなりましたが

ここまで読んでくださり

ありがとうございました☆

 

直感などのスピリチュアル感覚は

特別な人間だけでなく

どなたにも備わっています。

 

高次元の存在からのサインも

あなたの直感を通して

もたらされることが多いですよ。

 

スピリチュアル感覚を磨けば

もっと楽に幸せに

生きることができます。

 

スピリチュアルな学びは

自分の感覚を磨いて

「自分をもっと信じる」ために

活かすものです。

 

スピリチュアルを使うことで

解決する問題はたくさんありますよ。

 

幸せな人生のために

あなたもスピリチュアルを

ぜひ活かされてくださいね♡

募集中!
講座スケジュール☆大阪・オンライン
>> 詳細はこちらから

逢月るな☆スピリチュアル講座&セッション

オラクルカードリーディング講座
数秘術1dayスクール
レイキスクール(伝授・講座)
エンジェリックヒーラー養成講座
エンジェル起業スクール
プレミアムエンジェルセッション
満月のムーンヒーリング
アチューンメント(エネルギー伝授)
オーダーメイドLUNA★ブレス

逢月 るな Luna Aitsuki
エンジェリックヒーラー
LUNANGELICA代表
繊細で敏感な女性がスピリチュアルを活かして自分らしくキラキラ輝くためのサポートをしています。
わかりやすくて楽しい!と人気のスピリチュアル講座の受講生はのべ1,000名様以上、セッションは2,500名様以上に実施。
天使、月、美しいものが大好きで幸せな引き寄せが得意。

天然ポジティブなスターシード。
▶ 詳しくはこちらから

2021-10-18 18:33  カテゴリー: 逢月るなについて Tags:,

Now Loading